Kakyo's Diary

気ままな日々のことブログ

心を育む練習って大切なんだなぁ

f:id:gachako7:20210109094411j:plain


こんにちは!



夏郷です!





わたしはメンタル弱々で


1日の気分のアップダウンが激しいです。



正直、疲れます笑笑



なので少しでもいいマインドに変えられたらいいのになってよく考えてる。






心について話してみようかと思います。





マインドフルネスとは


f:id:gachako7:20210108211604j:plain

わたしは何気な〜くいつものようにネットをうろうろチョロチョロ。



ネットを見るのが日課になっていて趣味みたいになってきましたね。



そんな時に聞き慣れない、初めての言葉を見つけました。





マインドフルネス




聞いたことありましたか?


わたしは全く知らなかった!






マインドフルネスとは


簡単に言うと



”今ここ”にただ集中している心のあり方」のこと。



ん〜……


よくわかんないですよね。







詳しく言いますと……




過去の経験や先入観といった雑念にとらわれることなく、身体の五感に意識を集中させ



「今の瞬間の気持ち」
「今ある身体状況」


といった現実をあるがままに知覚して受け入れる心を育む練習のことです。



雑念を持たず、リラックスしてただ今だけに集中して研ぎ澄まされている状態。



無理していないのでストレスもなく、最も自分の力を発揮できる状態でもあると言えます。



つまり


そんな状態のことや、それを目指すプロセス。



いつもわたしたちは、1日に処理すべき情報が多すぎて、なかなか心休まる時間を持てていません。



頭の中でおしゃべりをずっとしていて止まることはなく、騒がしいんです。



気にしたことなかったけれど言われてみれば頭ん中うるさいかも……笑






「不安・否定・恐怖・評価・どうにもならない過去のこと・どうでもいいこと」をずっと喋り続けています。





一言で言うと



「あれこれ考えすぎている」



なので




混乱して事実が見えなくなったり、否定的な声が大きくなってストレスが溜まったりするんですね。





マインドフルネスは、そんな精神状態を意識的に改善していこうとするもの。



・リラックスしているのに感覚は鋭くなる
・振り回されていた漠然とした不安感がなくなる
・精神的に安定した自分になることができる



こういうことが期待できます。





マインドフルネスの取り組み方

マインドフルネスに近づく方法はいくつかあるので簡単に紹介します。


瞑想


f:id:gachako7:20210109161026j:plain

マインドフルネスでよく用いられるのが瞑想です。



瞑想というのは古くから禅やヨガなどで行われていたものです。



マインドフルネス瞑想はそこから怪しげな精神性や宗教的な要素を取り除いたもの。




誰でも気軽にできるのが特徴です!




瞑想って難しそうなイメージありますよね。



わりとできます。


感情の向こう側にいこうとするイメージです。



雑念や無駄な思考のないところに自分の静かな
心を見つけていく感じになります。




アップル創業者のスティーブ・ジョブズや多くのトップ経営者が瞑想を習慣にしていたとか。




ジャーナリング


f:id:gachako7:20210109161213j:plain


5分〜10分くらいの時間で、頭の中に浮かんだことをひたすら書き出していく方法。



「脳の排水」とも言います。



脳の中を掃除するような感じ。



最初はなかなかしっくりこないかもしれませんが、何日か続けていくとその良さを実感できるようになります。




わたしはどちらかというとこのやり方の方がやりやすいのかなって、自分に合っているかなと思いました。



マインドフル・イーティング


f:id:gachako7:20210109160929j:plain

時間をかけてゆっくり集中して食事をする方法。



もちろん会話もしないしテレビなども見ないでただひたすら食事のみに集中します。



食材の形や食感、味をじ〜っくり味わう。


1食30分〜1時間くらいかけてただ集中して食べてみる。



一粒のレーズンを5分くらいかけてじっくり味わうレーズン・エクササイズも有名みたいです。



ゆっくり食べることはいいと言われますよね。
咀嚼するので満腹中枢も刺激されて、食べ過ぎの予防にもなりますね。


ダイエットに効果的!




あっ、雑念を捨てなきゃでしたね。



ムーブメント・メディス

f:id:gachako7:20210109160956j:plain


音楽やリズムに乗って自分の身体の声を聴きながら自由に動くダンス。


「踊る瞑想」ともいう。


思考から解放され身体の声を聴くという体験はきっと大きな浄化をもたらす。



難しく考えなくていいんです。




ただ、ノリノリになればそれでOK!



音楽の力って本当にわたしはあると信じています。


癒されたり、元気もらったり、気持ちの代弁をして共感してくれてるように思います。



マインドフルネスの効果


効果にはつぎの4つがあります。




○集中力・記憶力が高まる



雑念を捨てて今この瞬間に深く集中していくことを繰り返していくことで集中力を高める。


いろいろなの事を進めている状況でも、一つ一つの事に集中することができるようになる。




○ストレスが解消される


考えていることに飲み込まれることなく、それをただ観察していく時間を持つことで精神的にも肉体的にも緊張が緩和される。



緊張・うつ状態の緩和、不安の減少、ストレス耐性の向上が実証されているそうです。



○洞察力・直感力・創造力が高まる


思考が整理されクリアになり、様々な能力が発揮されやすくなる。

質の高いパフォーマンスが可能に。


○眠りがよくなる



呼吸を整えることで、交感神経と副交感神経のバランスが整い、体の緊張もやわらいでいくため、よく眠れるようになる。





マインドフルネスのやり方


f:id:gachako7:20210109221729j:plain


マインドフルネスを学ぶ上で、最も大きなハードルはマインドフルネスを習慣として継続することです。



ジムに行って筋トレを行うように。


「今ここ」に意識を置く力とその効果は、マインドフルネスの日々のトレーニングによって培われます。




「心の筋トレ」です。



理論を学んだだけでは身につかないです。




そのために


まず


マインドフルネスのポジティブな効果を理解する。



そして


目的意識を持つことが大切になります。



瞑想の3ステップ


1.良い姿勢ですわる



床に座布団などを置き、その上にあぐらをかいて腰掛け、良い姿勢を作り座ります。



椅子や正座でも可能。



手のひらを下にむけ、膝や太ももの上に置き、背筋を伸ばします。


目は優しく開けたまま伏し目がちに(半眼)して、1.5~2m先の床を柔らかく眺める。




2.自分の呼吸に意識を置く




今まで、無意識に行っていた自分自身の自然な呼吸に意識を置くようにします。




3.感情や思考が浮かんでも、それを追わず呼吸に戻る




何か考えていることに気づいたら、それを追いかけない。


「考えた!」とこころの中でつぶやいて、意識を呼吸に戻していく。


感情や思考に何も判断させないイメージ。


そのまま、ただ呼吸に戻る繰り返しをする。

何度でも「今」に戻ってくる練習になります。



※注意


どっしり座って意識を抑え込むものではなく、呼吸を操作することでもなく、自然な呼吸を続けるようにします。


リラックス!笑










まとめ


マインドフルネスを続けていくことで


今、この瞬間に生きていることに、感謝の気持ちも自然に湧いてくるようになるそうです。





内面から滲み出す本質的な美しさとは、


日々の生活において、健康的な心持ちから、生まれるのではないかと思います。



しなやかで強く美しい心を育むこと。


こころのデトックス


人生を楽しむための大切なツールになることを期待します。





わたしはまだまだなので、自分のペースで少しずつ取り組んでいきます。




こういうのもあるんだって

へぇーって


知ることができましたね?



いつも学びがいっぱいです。





その気になれば誰にだってできるようになります。


毎日ほんの少しだけでも、マインドフルネスの時間を持っただけで、生活の質が大きく改善された人がたくさんいるんですよ。




興味が持てたなら、難しく考えず実践してみてくださいね。








独特のオリジナル文字で書アートします あなたの好きな歌詞、言葉など筆文字に!