Kakyo's Diary

気ままな日々のことブログ

HSPってなに

f:id:gachako7:20201223171319j:plain
こんにちは!


夏郷です!







わたしはこれまで生きていて、モヤモヤとすることが多くて、何でわたしってこうなんだろうと思いながら過ごす毎日。


そんな中で、いつものようにSNSやネットをウロウロしていたらある言葉を見つけました。


それが「HSP」です!


わたしは、「これだ!」って少し気持ちが楽になりました。


わたしの存在自体が悪いのではなく、そういう性質なんだと思えるようになったからです。



HSPってなに?


HSPとは、

HSP(Highly Sensitive Person)=
ハイリー・センシティブ・パーソンの略

エイチエスピーと呼びます。



生まれつき「非常に感受性が強く敏感な気質もった人」という意味。

元々はアメリカの心理学者であるエレイン・N.アーロン博士が1996年に提唱した言葉。


HSPは環境や性格などの後天的なものではなく、先天的な気質、即生まれ持った性質であることが分かっているそうです。



これは、人口の15~20%、5人に1人があてはまる性質です。

裏を返せば、約8割の人はこの性質にはあてはまらないので、HSPの特性は共感を得ることが難しく、HSPでない人たちとの差に自己嫌悪を感じることや、まわりに合わせようと無理をして生きづらさを感じやすくなる性質。



これは気質であって、診断名がつくような病気というわけではありません。


自己診断です。


HSPの特徴に当てはまればそうなのです。


こういうのがあるんだと思ってもらえばいいんです。

HSPの特徴

HSPの人には、ものごとを深く考える、刺激を受けやすい、感情の面で反応しやすく共感しやすい、かすかな刺激に対する感受性が強いという4つの特徴があり、アーロン博士は、この4つの特徴全てに当てはまる方をHSPであると定義しています。


うん。


当てはまる。



具体的にいうとこういうのがあげられます。


深く情報を理解する


簡単に言うと考えすぎてしまう。

場や人の空気を深く読み取る能力に優れています。しかし、情報を自分自身で読み取ったことに対して深く考えるので必要以上に疲れます。


刺激を受けやすい


HSPの人は外部からの刺激に敏感。

人混みや物音・光、食べ物の味やにおい、身につけるもの、天気の変化、人が発するエネルギー等、五感で受ける刺激に対して過度に反応してしまう傾向があります。


さらに、相手の感情や周りの雰囲気、天気の変化などの目に見えないエネルギー(人が発するものも含む)に対しても敏感に反応しやすいです。

共感しやすい


親や自分の周りの人の感情を読み取り、人に応じて、自分を合わせることが多いです。

また小説やドラマなどで、作品に強く感情移入することもあります。


すぐに泣きます。笑

心のバリアがもろい


自分のテリトリーにすぐに相手からの影響を受けてしまいます。


人の気持ちを敏感に感じ取り、深く共感するので相手に対してすごく同調したり、相手の気分や考えに引きずられてしまいます。


周りに流されやすいです。

ほんとの自分の思いとか本音がわからずに自分を見失ってしまうことがあります。


疲れやすい


いつも周りに気を遣っているため、楽しいことであっても疲れてしまう。


疲れやすいのは「何かをしている」時だけではない。

いつも無意識に周りの刺激をアンテナのように受け取ってしまうので、人混みにいる時や、周りの人のネガティブな感情に対しても大きく消耗します。


自分を否定しまいがち


すごく繊細です。

繊細のため、人間関係であまり相手を責めることをしません。

優しく、相手のことを優先する傾向。



そのため

相手のことを気にするあまりちょっとしたことでも「自分が悪い」と自分を責め悪い方向に考えてしまいます。


とにかくネガティブ思考で自分に自信がない。

周りからの怒りの標的にされることも多く、自分の本音を隠してしまうことから人との関わりが苦手です。


よくイライラされてました。



HSS型


HSPのなかにはもうひとつ、HSS型のHSPというものがあります。


HSSとは、

ハイ・センセーション・シーキングの頭文字を取った言葉で、「新しいことが知りたい、新しいことに関心があり、新たな情報を収集するために検索したり、調べたり、外に出て人と関わる人」のことをいう。



つまり

新しい情報を求めたり外の世界に好奇心があって積極的に外出するものの、その外の世界で受ける刺激に対して敏感になり、打たれ弱くて傷つきやすい人です。




わたしは、HSS型HSP気質だと思います。



HSPチェック


1. 自分をとりまく環境の微妙な変化によく気づくほうだ

2. 他人の気分に左右される

3. 痛みにとても敏感である

4. 忙しい日々が続くと、ベッドや暗い部屋などプライバシーが得られ、刺激から逃れられる場所にひきこもりたくなる

5. カフェインに敏感に反応する

6. 明るい光や強い匂い、ざらざらした布地、サイレンの音などに圧倒されやすい

7. 豊かな想像力を持ち、空想に耽(ふけ)りやすい

8. 騒音に悩まされやすい

9. 美術や音楽に深く心動かされる

10. とても良心的である

11. すぐにびっくりする(仰天する)

12. 短期間にたくさんのことをしなければならない時、混乱してしまう

13. 人が何かで不快な思いをしているとき、どうすれば快適になるかすぐに気づく
(たとえば電灯の明るさを調節する、席を替えるなど)

14. 一度にたくさんのことを頼まれるがイヤだ

15. ミスをしたり、物を忘れたりしないようにいつも気をつける

16. 暴力的な映画やテレビ番組は見ないようにしている

17. あまりにもたくさんのことが自分のまわりで起こっていると、不快になり、神経が高ぶる

18. 空腹になると、集中できないとか気分が悪くなるといった強い反応が起こる

19. 生活に変化があると混乱する

20. デリケートな香りや味、音、音楽などを好む

21. 動揺するような状況を避けることを、普段の生活で最優先している

22. 仕事をする時、競争させられたり、観察されていると、緊張し、いつもの実力を発揮できなくなる

23. 子供のころ、親や教師は自分のことを「敏感だ」 とか 「内気だ」 と思っていた




質問のうち12個以上に該当した場合は、HSPの気質があるとされる。
また当てはまるものが多いほど、HSPの度合いも高い。
ただし、逆に「はい」がひとつかふたつしかなくても、その度合いが極端に強い場合は、HSPの気質があるとされる。


引用
ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。エレイン・N・アーロン [著]・冨田香里 [訳] 講談社



まとめ

HSPは感受性が強く、敏感な繊細な気質もった人


生活のしていて、あらゆることに対して、、苦しい思いや悲しい思いを感じることが多くあり、生きづらさを強く感じてしまうこと。





HSPを正しく知ることが大切ですね!



今まで耐えられなかったこと、受け入れられなかったことを正しく知る。

そもそも感じていたものに人とはかなりの差があったことを知る。

自分が甘えていたのでも、感覚が特別おかしかったのでもないと理解する。

自分は人より劣っている、生きている価値のない存在なのだと自分を責め続けてきたけど、本当はそうではない。

考え方を前向きに変えていくことが出来るようにしていく。



わたしはHSPというのを
知ったことですごい楽になりました!



闇から1歩進めた感じがします。


自分だけではないんですね。



独特のオリジナル文字で書アートします あなたの好きな歌詞、言葉など筆文字に!